目の下のクマに効果的なアイクリームとは

そして、女性の多くが悩んでいる目の下のクマですよね。

 

目の下のにクマがあると不健康に見えたり、老けて見えるのでほとんどの女性はできて欲しくないはずです。

 

目の下のクマには青グマ、茶グマ、黒グマの3つの種類があり、それによって対処法が変わります。

 

まずは青グマからですが、目の下にできてる青いクマは血行不良が原因です。

 

例えば睡眠不足、パソコン、スマホの使いすぎによる目の疲れに多く、若い世代に良く見られる傾向があります。

 

これを改善するには目元周辺の血流を促すケアが効果的です。

 

アイクリームを選ぶときはグルコシルヘスペリジン、ビタミンEとった成分が有効なので、成分をしっかりと見てから購入するようにしてください。

 

そして、茶グマは摩擦やかぶれ、紫外線のダメージによってメラニンが大量に生成することでおきます。

 

そこで、改善をするには炎症を抑えてメラニンの排出を促す美白ケアが必要になります。

 

そこで、ビタミンB誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、プランセンタエキス、コウジ酸などが効果的なので美白成分が配合されているかしっかりと確認しましょう。

 

最後にグマは加齢や紫外線の影響でコラーゲンが不足して起こるため、ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンが効果的です。